目的に応じて

キャッシング利用が可能なカードは、目的に応じていくつかに分類できます。金利の低さ、いくらまでの融資が可能か、審査のハードルは高いか低いかなどで、キャッシングカードは比較できます。キャッシングの申込み時の審査については、いずれのキャッシング会社でも必ず行われており、場合によっては審査に通らない時もあります。
以前は、審査の結果が出るまで数日かかるものでしたが、この頃は審査の早い金融会社も多くなり、その日中に融資が受けられたりします。クレジットカードにキャッシング機能が付帯しているタイプがありますが、キャッシング機能しかないカードは金利が低く抑えられており、限度額も高く設定されています。
キャッシングカードは、低金利で、大口融資を必要としているような時に、申し込みをすると使いやすいでしょう。キャッシングについては、およそ500万円が利用限度として設定されていますが、さらに借り入れ可能枠が大きいキャッシング会社もあります。
キャッシングで借りられる金額は、年収の3分の1を超えてはいけないと、法律で決まっています。キャッシングの法改正によって規制されることになったもので、総量規制を呼ばれています。もしも、1人で数枚のキャッシングカードを持っていれば、限度額を合算した金額が総量規制に用いられます。
信販会社、消費者金融会社、クレジットカード会社などはこの総量規制を守らなければいけませんが、銀行は貸金業法の管轄にないため、総量規制とは無関係に融資をすることができます。2010年に、貸金業法と、出資法が改正された影響で、キャッシングの金利は、年率20%より低くなければいけないことになりました。

目的に応じて