肌の潤いを保つ

人間の肌の中には元々ヒアルロン酸の成分が存在していて、そのおかげで肌の潤いを保つことができています。若いころはたっぷりあったヒアルロン酸も、年を重ねるにつれて減っていき、皮膚の表面がカサカサに乾燥してしまいます。ヒアルロン酸が少ないお肌は、しっとり感もなくなり、しわやたるみが増えていきます。お肌が水分不足によって弾力を失うと、肌自体の重みで下に引っぱられるなどの原因で、しわやたるみがくっきりしてきます。
しわが刻まれ、たるみが大きくなると、かなり年をとったように見えますので、日々のスキンケアや美容施術でしわやたるみをなくしたいものです。近年では、ヒアルロン酸を注射で皮膚に注入する施術が人気となっており、利用する人が増えています。ヒアルロン酸を肌へ注入することで、シワを伸ばすなどのアンチエイジング効果を得ることができるようになります。美容効果のあるヒアルロン酸を注入することで、お肌の乾燥が改善され、状態がよくなることもあります。
もともと人間の体の中にはヒアルロン酸があるものですから、注射でヒアルロン酸を入れても問題はないといいます。注射によって体内に入ってきたヒアルロン酸は、だんだんと分解され減っていきます。数ヶ月に一度のペースでヒアルロン酸の注入をしなければ、お肌はまた元の状態に戻ってしまいます。体内に吸収しづらい成分のヒアルロン酸も開発されているため、以前に比べると効果が持続する期間は伸びているそうです。

肌の潤いを保つ